オークションNEWS

2014.12.23

オークション・ジャッジ・ハンマー(ガベル)のこと

20141223T08

オークションの当日、まさに競売を競っているそのとき、一番印象的なシーンのひとつ、

それは、落札された瞬間ではないでしょうか。

そのときに叩かれるハンマー(ガベルとも言いますが)を振り下ろすようなシーン、
見たことは無くても、想像に難しくないですね。

落札価格のことを「ハンマープライス」とも言うように、
そのハンマーの音で、落札が決まるわけですから、

残念がる方と、喜ぶ方を分ける音でもあります。

このジャッジ・ハンマー(ガベル)にも、本当にいろいろなものがありますので、
ここで紹介したいと思います。

20141223T01

標準的な木製ハンマー

20141223T02

こちらも標準的な木製ハンマーですが、持ち手の部分が少し膨らんでいるのが特徴。

20141223T03

年代等は不明ですが、柄の部分の装飾には、ハンマーの彫り、そして握手の絵が掘られています。

20141223T04

アクリル製ハンマー

20141223T05

ヘッド部分が特徴的な木製ハンマー

20141223T06

こちらもアクリルですが透明度が素晴らしいハンマー

20141223T07

アクリルハンマーですが全ての面が直線で構成されています。

世界中のオークションハウスの
オークショナーのこだわりが感じられるハンマー、
歴史的な背景など、思いを馳せてみるのも、
面白いかもしれませんね。

渡木章浩

2014.11.21

フランスの皇帝ナポレオン1世の二角帽、予想のおよそ4倍に!

_78967182_024401096-1

フランスの皇帝、ナポレオン1世がかぶっていた帽子、二角帽子っていうんですが、
ご存知ですか?写真とか見ると、教科書とかにもたぶん出ていたと思うので、思い出すと思いますが、

実際にナポレオンがかぶっていた、この二角帽子がオークションに登場しました。

ナポレオンは、この同型の帽子を120個も所有していたとされていますが、
現存していいるのは、そのうちの19個ほど。

ナポレオンは、本来なら縦に被るこの帽子を、自分がよく目立つように横にしてかぶっていたそうですよ。

lgp01a201307072000
(ナポレオンのイメージ画)

予測は、30万~40万ユーロでしたが、
それをはるかに上回る188万4000ユーロ(約2億7500万円)で落札されました。

韓国の食品メーカーが落札しました。

2014.11.21

ジョブス販売の完全動作 Apple I (アップルワン)の評価額は?

Image11320149505

アップルの初期の ” アップル1 ” というマイクロコンピューターが、オークションにかけられます。
http://www.christies.com/about/press-center/releases/pressrelease.aspx?pressreleaseid=7561

アップルと言えば、iPhone、iPhoneと言えばスティーブ・ジョブスですが、
スティーブ・ジョブスが直接販売した記録も残っているということ、
そして、完全動作するということで、
40万ドル(4500万円)~60万ドル(6800万円)の予想落札が付いています。

この ” アップル1 ” 、1976年7月に発売したものですから、
38年も前のコンピューターです。
動くってことだけでも、信じられませんよね。

マイクロソフト・ベーシックと、スタートレックのゲームが実際に動いているそうです。

木製のキーボードが、なんともいえない魅力ですね。

競売大手クリスティーズのニューヨーク会場で2014年12月11日開催です。

2014.11.15

宇宙からの贈り物『ディープインパクト』

mainimage_meteorites

「ディープインパクト」という言葉で、なにを思い出しますか?競走馬、それとも映画のタイトルですか。
直訳すると「深い衝撃」となりますが、
今回は、オークションのセール名。

1998年、アメリカ映画で同名の作品がありました。
彗星が地球に衝突する可能性を計算式ではじき出す天文台のウルフ博士だったが、その情報を持ったまま、交通事故で死亡してしまいます。そこから始まる物語です。

映画では、たくさんの隕石が降ってきますが、
本物の隕石を手にする機会は、そうそう出会えることはないでしょう。

競売大手のクリスティーズで、そんなロマン溢れる隕石のオークション『ディープインパクト』が開催されます。

article_image_5_meteorites

ギベオン隕石 45億年前のもの ナミビアのカラハリ砂漠の部族により発見 鳥の頭のような形をしている

article_image_3_meteorites

シホテアリン隕石 1947年2月12日にシホテアリンに落下した鉄隕石群(70トン)のひとつ 造形が魅力的です

article_image_1_meteorites

ブラックビューティー 2011年にモロッコのサハラ砂漠で発見 火星から 

NYR_10887_0020

イミラック隕石 1822年アタカマ砂漠チリで発見 隕石のなかでも最も美しいとされる

総勢30体もの隕石が競売にかけられます。
宇宙に触れる唯一の機会かもしれませんね。

2014年11月25日まで開催中。

2014年11月15日 渡木章浩

2014.11.13

クーンズの超大作-室内展示できなくてオークション

20141113TN01

大道芸などでよく見かける、細長い風船でつくる “ プードル犬 ”。子供の頃、目の前で、細長い風船が見る見るうちに、プードルのような犬に変身していく様に、心躍らされたのではないでしょうか。
そんな風船の犬を磁器で制作してしまったのが、ジェフ・クーンズです。

ジェフ・クーンズは、アメリカのアーティストで、キッチュなイメージの作品で知られていますが、

今回の新作《バルーン・モンキー(オレンジ)》、見方によってはキッチュ。しかし、間近で見たら、そのあまりの大きさに、キッチュと思うかたは、少ないのではないでしょうか。

というのも、高さ3.8メートル、長さ6メートルもの大作ですから。

世界有数の英収集家が購入し、完成まで8年もの歳月を要した大作でしたが、
出来上がったステンレス彫刻は、あまりにも大きすぎた。

英ロンドンのデリア・アート・センターで展示する予定で、場所も確保していたのだが、
出来上がった作品が予想以上の大きさで、室内に入らず、屋外展示でも大きすぎることが判明。

そこで、今回2014年11月12日の米ニューヨークの競売にかけられました。
当初2000~3000万ドル(約21億3600万~32億400万円)と予想された競売ですが、
結果は、約2600万ドル(約30億円)となりました。

落札者は不明ですが、この作品を落札すれば、すぐに情報が漏れてきそう。
ぜひ、実際に見てみたい。

2014年11月13日 渡木章浩

2014.10.27

オークションニュースを掲載していきます。

オークションニュースを掲載していきます。

PAGE TOP